ゆきかぜ の ものぐさ日誌

 
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
 
【管理ポスト(活動停止)】
NEW ENTRIES
RE-COMMENT
RE-TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< ぶちまけ | main | 「逃亡くそたわけ 21才の夏」 >>
「トリツカレ男」
キャラメルボックスの舞台。

名古屋に来るのは4年以上ぶりだそうで、前説の段階から強調してました。私は前説はどうでもいいので、ロビーで声だけ聞きながら携帯操作でいつものbbsに投稿(爆)。
(狭い座席に大柄の男が隣だったので、出来るだけ座るのを後回しにしてました)

さて、舞台ですが、時々取り付かれたようにいろんなものに熱中してしまう男の物語。舞台はイタリアです。

去年は仮面作りに熱中していた主人公のジュゼッペですが、今は三段跳びに夢中。それも世界記録に近いので、周りは記録会に出そうと画策するが、新しいものに熱中してしまい試合放棄。
新しい熱中先はロシアから来た女の子。いろんな悩みを抱えながら生きている彼女のために、ジュゼッペは自分の体も省みず努力する。そして、、、、。


まあ、悪くはないけれど、自分の好みとは違う。

やはり、劇団のファンではなくて、舞台の内容が自分の好みと合わないと、評価は厳しくなります。
来年は、梶尾真治さん原作のクロノスジョウンターの新作がベース。これに期待しますか。
| 舞台 | 14:00 | comments(0) | trackbacks(0) | -









トラックバック機能は終了しました。
 

 

【blog記事地図情報】