ゆきかぜ の ものぐさ日誌

 
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
 
【管理ポスト(活動停止)】
NEW ENTRIES
RE-COMMENT
RE-TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< うっ血 | main | 静電気 >>
「マイルドにしぬ」

一ヶ月以上微熱が続いた後で、とうとうさらに熱が高くなったので仕事を二日休んで療養生活。そのすぐ後なので、迷いましたが場所が大阪駅のすぐ近くのHEPホール。
まあ、大丈夫だろうと見てきました。


体力増強のためにうなぎ弁当の昼食。普通の駅弁は冷たいけれど、これは石灰で暖めるタイプなので、病み上がりには暖かい食事がうれしい。



大阪駅には開演30分以上前に到着したので、なにか差し入れでもとうろうろしていると阪神百貨店で行列。たねやの洋菓子部門「クラブハリエ」のバームクーヘン。
食べたことが無かったので、自分用と2個購入。


入り口で差し入れを預けたんですが、私のことは知らないはずだし、名刺も持ってないのでうまく名前も伝わったかどうか。(どうでも良い話ですが)



さて舞台は、水野美紀さん、楠野一郎さんのユニット『プロペラ犬』の旗揚げ公演でした。

役者と脚本家のユニットは珍しいと思ってましたが、やはり珍しいようで、演出と共演者をゲストに招いての公演でした。
演出は入江雅人さん、共演は河原雅彦さんで二人芝居。


東京の赤坂RED/THEATERが終わって大阪なので、多少こなれてきたところなんでしょう。途中の間も嫌な感じがしませんでした。

詳しく知らずに見たので、短い話の集合体のように思ってましたが、オムニバス形式でそれぞれの話が絡み合っているので、全体としても楽しめるようになってました。

ホラーの要素が盛り込まれていて、この前出演した某映画のキャラクターも入っていたり、このところ流行のキャラも。



美紀さんは、パンフレットで「踊る大捜査線のイメージでいる人が見ると」と書いてましたが、いろんなキャラを演じるのが役者なので、私には違和感は無いですね。

土曜日マチネの会場は圧倒的に女性が多かったです。
| 舞台 | 14:00 | comments(0) | trackbacks(0) | -









トラックバック機能は終了しました。
 

 

【blog記事地図情報】