ゆきかぜ の ものぐさ日誌

 
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
 
【管理ポスト(活動停止)】
NEW ENTRIES
RE-COMMENT
RE-TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 「TOKYO」 | main | お台場映画王結果 >>
『ルドンの黙示』
映画が終わってから次の舞台までは1時間半ほど。

渋谷から初台までなら近いけれど、携帯の交換電池を取りに四谷のホテルに戻ってから初台へ向かったので時間がギリギリ。

当然、まともな昼食は無理。お菓子を少し齧るのが精一杯でした。

今回の映画王以外では、もうひとつの目玉が、少林少女でラクロス部員を務めた満島ひかりさんの舞台を観ること。

前日に『ウーマン・イン・ブラック』を観ていますが、そちらは時間埋めなのでメインではありません。(失礼)

タイトルは『ルドンの黙示』。

SFっぽい題材じゃなかったら、観ない可能性もありました。

会場は中央に舞台。両側に客席の構造。テニスコートで両側に客席がある感じを想像していただければ良いかと。

暗いときは良いけれど、明るくなると向かいの客席の人が見えるので、ちょっと舞台に集中するのが難しくなるのがちょっと難点かも。

3つの時代が入り混じったお話で、1回観ただけではちょっと整理が付いてません。

DVDを予約したので、それを観て再確認が必要です。

舞台の後では、平日サービスでポストパフォーマンストーク。

主演の4人のひとりなので、満島ひかりさんも登場。少林少女ではあまり目立っていなかったので、知らない人が多いかも。
しかし、実体はちょっと強気な女性のようです(笑)。(本人談)
| 舞台 | 14:00 | comments(0) | trackbacks(0) | -









トラックバック機能は終了しました。
 

 

【blog記事地図情報】