ゆきかぜ の ものぐさ日誌

 
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
 
【管理ポスト(活動停止)】
NEW ENTRIES
RE-COMMENT
RE-TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< シネマン坊 | main | またも見送り、ヨーロッパ企画 >>
ワイン一時保管新兵器


暗くて分かりにくいですが、ワイン開栓後の一時保管の新兵器です。

今までワインボトル開栓後の保管には、ヴァキュバンとか、ワインセーバーとかの製品を使ってました。
どちらもボトルの空気を抜く事で、酸素の量を減らして酸化を遅らせる商品です。
今は改良されているかもしれませんが、10年くらい前のヴァキュバンはちょっとの刺激で空気が入ってしまい、翌日まで減圧できることはほぼ皆無。たまに少しだけ周りより減圧されていたくらい。
そこでワインセーバーという商品に乗り換えて使ってきましたが、成功率はワインボトルの内径の大きさ次第。ぴったりはまれば良いけれど、ちょっと大きいと駄目。

ちょっと前に機械式の製品がメルマガで紹介されていたので、試してみました。って、モニター商品ではないので、買わないと試せませんがf^^;)。


ワインの適温への冷却機能(赤・白別)と、真空機能での酸化防止の2機能があります。

「SOWINE」

「買ったお店」


最初はちょっと失敗が多かったのですが、このところは順調に作動してます。
でも、毎日飲むとだんだん空気の割合が増えてきて4日間くらいが限界でしょう。しかし、酸化に敏感な人には翌日には駄目かもしれませんね。
| ワイン | 18:35 | comments(0) | trackbacks(0) | -









トラックバック機能は終了しました。
 

 

【blog記事地図情報】